So-net無料ブログ作成

暑さで撃沈・・・意識が・・・毎月恒例!ヤビツ峠ヒルクライム練習 [ASATのロードバイク日記]

2017年6月24日(土)天気は[晴れ][曇り]

全日本ロードも無事に終わり・・・レースの動画をアップしたり、滑り方の研究をしたり、豪雨の中で仕事したりと、くそ忙しい1週間でした。
ヘトヘトになった金曜日、さすがに電池切れで即!爆睡。。。。。夕飯も食べずに寝てしまった。

暇を見ては、ハンドルヘッドとペダルから出ていた異音の原因探しをしていましたが、ここかなぁーって思うところの整備と点検を行っていたんです。
ただ、走行して負荷を掛けないと異音が出ないので、木曜日に足を回すのを兼ねて軽く出撃。
境川サイクリングの往復20kmですが、気持ち的にもリフレッシュ出来て、本当に良かったです。
しかし、この季節は名物(?)の虫攻撃で、口を開けて呼吸すると、もれなく虫が飛び込んできます。
おまけに運が良いと、この虫を食べに来たコウモリがぶつかってくることも。。。。。
でも、異音は解消されていたし、速度センサーの不良も発見できたので、良しとしましょう。
(木曜日の走行データーは最後に)

で、今日はと言うと・・・・

ロードバイク練習とインラインスピード練習の2本立て!
まずはロードバイク練習から!!!

朝5時起床・・・と言うか、夕飯食べずに寝たので、腹減りで目が覚めたのが正しい。。。
このところよく寝れなかったので、スッキリして気持ちよかった(爆)

夕飯兼朝食を食べて、天気予報をチェック!毎月恒例のヤビツ峠行きが決定しました。
梅雨の季節、行ける時に行かないと公開するので・・・・!
この時までは元気いっぱいで、やる気満々だったんですけどね。。

急いで準備して、6時過ぎに出発!いつものコースで名古木に向かいます。
5kmほど走った頃から、体の違和感を感じ出しました!
「ん?体が重い、足が重い、何かがおかしい。。。」
この時は気がついていませんでしたが、1食少ないんです!エネルギー供給源が・・・。
どうやら、エネルギー不足&回復不十分での出撃になっていたようです。

なんとか名古木のセブンに到着。
イマイチの調子にヒルクラを止めることも考えましたが、タイムアタックより筋トレ重視として登ってみることにしました。
少し休憩時間を長くし、8時にヒルクライムを開始!予想より気温が高く、最初の坂から汗がドッと出ます。
前回同様、P社のアームカバーのおかげで熱を感じることはありませんが、発汗量は半端ない状況は予想外のことでした。

蓑毛の坂、いつものように「頑張らない」様にしますが、やはり体は正直!足が回りません。
1段目、2段目・・・と、淡々と登りますが、心との勝負になりました。
調子の悪さから「今日は筋トレ」と決めていましたが、ここまで厳しいとは、正直やられていました。

蓑毛の坂を通過し、菜の花台直下の激坂区間へ!キツイところはダンシングで切り抜け、ギリギリモードで走行・・・何度、足を付けようかと思ったことか!!!!
勾配が緩い所で数回の水分補給をするも、全く追いついていないのが現状。
「これはヤバイかも・・ベストや筋トレ以前の問題だ」
そう思いながら、菜の花台を通過し、表丹沢林道入口の激坂区間に入った時、足がさらに重くなり、両太ももが攣りだしました。
残り数キロ、気持ちを振るい立たせ、ヤビツ峠を目指します。
旧ヤビツを通過、全くペースアップが出来ない!緩い勾配を利用し、体を休めるも効果はほんの一瞬!まったく誤魔化せない・・・あとは気持ちだけです。

今までにない疲労感、ここまで来たら行くしかない!気持ちを切らさない様にして、最終コーナーを通過!ラストスパートすら出来ない状況で、本当にギリギリ線でした。
こうして、なんとかヤビツ峠に到着・・・
889_n.jpg

ものすごい発汗量、雨でも降ったのか?ってくらいウェアがビショビショでした。
フラフラしながら、タイムの確認と証拠写真を撮影。
19399242_1081300011970927_8788444954321614570_n.jpg

売店でコーラーを買い、へたり込む。。。。
とにかく水分と糖質補給で、コーラーを一口!いやぁ~美味い!!!!!
と、なるはずでしたが、飲んだコーラーを胃が拒絶!もどしはしませんが、胃から落ちません。
更に、意識が遠くなりだし、非常にヤバイ状態に・・・数回、目の前が真っ暗になったので、意識を維持するため、立ったまま回復を待ちます。

意識も落ち着き、体が楽になったので、日陰に座り込み、体を冷やします。
ヤビツ峠を吹き抜ける涼しい風が、急速に体を冷やしてくれました。
脱水症状でした!夏のヒルクライムは水分補給も大事な要素なのですが、今回は水分補給が追いつきませんでした。

体も冷え、ようやく回復し、ヤビツ峠を満喫(?)
夏の登山シーズンに入ったので、路線バスは増便の増便でガンガン上がって来ています。
なので、いつもローディーが多いのですが、今日は登山者の方が多かったですね。
287_n.jpg

さて、下山します。。。
汗冷え対策でウィンドブレーカーを着込み、表ヤビツを下ります。
本当なら、涼を求めて裏ヤビツに行きたい所ですが。、午後は別の練習があるので断念。。。
菜の花台で一度休憩。。。。
228_n.jpg

このコース、最も深いヘアピンコーナー
58_n.jpg
多くのローディーを観察するにはもってこいの場所、ペダリングやフォームなど、いい勉強が出来ました。

休憩も終わり、麓のセブンまでダウンヒル。。。。
コーナー手前では十分に減速、キープレフトのラインでコース取り。。。
蓑毛から先は30km/h以下厳守で!住宅地を通過するので、下ハンドルでブレーキを掛け、安全重視です。
この道路は住民の物です!私たちは道路をお借りしている立場、恐怖心を与える速度やマナーやルールを守って、今後もこのコースを使わせて頂きたいですね。

しかし、登ってくる車やオートバイは飛ばしてます!ブラインドコーナーでは、十分注意してくださいね。

無事に麓のセブンに到着。
スタートの時にはローディーは3人でしたが、今は10台以上・・・(汗)
いつもより早い時間に登ったので、降りて来た私に視線が・・・(痛)

ガムシロたっぷりのアイスコーヒーを飲み、帰路に向かいます。
名古木に向けて走行するローディーやグループとは逆方向に走る!なんか新鮮な気持ちです。
酷道246号から県道22号へ入った頃、体に変化が!なんと足が回りだしました。
おまけに体の動きも軽くなり・・・・いまごろスイッチが入っても(汗)

せっかくなので、県道22号のアップダウンを利用して、少々追い込んでみました。
ガムシロたっぷりのアイスコーヒーが効いたようですね(爆)
すっかり回復した所で、11時30分に無事帰宅しました

水分補給の重要性を感じたヤビツ峠練習。
これから夏本番に向け、水分補給のタイミングや質を考え直さなければいけませんね。
表ヤビツは麓と峠で補給が出来るので、シングルボトルでも対応できると思います。
冨士や乗鞍、渋峠など長距離ではダブルボトルも視野に入れる必要も!!

そう言えば、裏ヤビツに行っていないなぁー
冷たい名水と涼を求めて裏ヤビツを下ってもいいかも!!
護摩屋敷の湧水に名水コーヒー、宮が瀬でかき氷・・・・・・下ってきて牧場でソフトクリーム。
ヒルクラの後のグルメライドは最高ですよね。

<走行データ>
走行距離3時間16分33秒 走行時間76.72km 獲得標高1462m 消費カロリー2152.9kcal 最高速度60.4km/h 平均速度23.5km/h 最大ケイデンス124rpm 平均ケイデンス82rpm 最大心拍数196bpm 平均心拍数139bpm

8155_n.jpg

652_n.jpg

<木曜日 走行データ>
走行距離55分16秒 走行距離22.35km 獲得標高71m 消費カロリー502.5kcal 最高速度40.1km/h 平均速度24.2km/h 最高ケイデンス116rpm 平均ケイデンス84rpm 最高心拍数174bpm 平均心拍数122bpm

570_n.jpg

さぁーヒルクラ練習が終了!昼食後江戸川に出撃です!!


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 4

creeker

ヤビツ激走お疲れ様です
凄まじい体調であそこまで追い込まれる精神力にはまさに脱帽ですね!
激疲れの際に胃が飲み物を拒絶するのは実は私も何度か経験あるのですが、やはり体力が相当消耗しているうえに脱水症状が重なっている時ですよね。
そこまで極限の状態まで追い込まれている証拠ですので、さらにパワーアップされたのではないでしょうか!
私も最近、自転車で裏ヤビツ訪れていないのでいつも候補に挙げております。
by creeker (2017-06-27 00:46) 

喫茶こじろう

もう走る時間帯を考慮しないと暑さに参ってしまう季節に突入してしまいましたね。これから9月末あたりまでヒルクライムは日差しがなくても蒸し暑さで、気づかぬうちに熱中症の一歩手前ってこともありますので、マメな水分補給に加えて走りながら真水をかぶるなどのクーリングが効果的と思います。そういう私もスポドリ系のシングルボトルが多く、水浴びはあまりしていませんが(苦笑)
by 喫茶こじろう (2017-06-28 13:56) 

ASAT

creeker様

いつもコメントありがとうございます。
貧乏性なんですね!ここで足をついたら、今までが無駄になる!と、思っちゃうんですね(呆)
その結果がこれですから、精神力なんて素晴らしいものはありませんよ(爆)
胃が拒絶しないように、こまめに水分補給をしないとダメですね。
時間を決めて補給したいと思います。

by ASAT (2017-06-29 21:50) 

ASAT

喫茶こじろう様

いつもコメントありがとうございます。
ダブルボトルにしたいのですが、重くなるのが・・・・。
平地ライドならとにかく、ヒルクライム中に水分補給&水浴びをする余裕がありません(爆)
やはり、シングルボトル+峠のコーラーになりそうです。

シングルボトルで登り、峠のコーラーを飲んだら、護摩屋敷の湧水で水浴びするのが、いいかもしれませんね。
by ASAT (2017-06-29 21:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。