So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権2016 最終種目マラソンが行われました。 [ASATの大会&イベントレポート]

2016年9月18日(日)天気は[曇り][雨]

今日は世界選手権最終種目 マラソンが行なわれました。
レース前のアップ時は多少路面が濡れていましたが、レースが始まる時にはドライ路面に!
市街地コースを周回する42.195kmで開催。

マラソン競技は、ジュニア&シニアの垣根がなくなり、シニアの激速とジュニアのチャレンジがぶつかり合います。

マラソンは125mmでないと勝てない!そんな空気が流れています。
125mm3輪規格が、マラソンだけ許可され時間が経ち、世界のTOP選手がこの125mm3輪を導入&練習してきた今大会!一体どんなレースになったのでしょうか??

まず女子マラソン・・・122人が出場しました。
やはり、コロンビア・イタリア・フランス・台湾などの強豪国がチーム単位で動き、レースを作りました。
さすがに世界をリードする国だけあり、素晴らしいチームプレーで先頭集団を形成、各国駆け引きしながら最終ラップを迎えました。

最終ラップ中盤、日本代表の吉野選手が一気に先頭へ!!!
14390905_849798741787723_1221758682220793837_n[1].jpg

しばらく先頭を引き続け、いよいよゴールスプリント!!!!!
スプリント前の転倒がありましたが無事に回避し、20名以上がゴールに突っ込みました。

この激しいゴールスプリントの中を一歩前に出た台湾の選手が優勝!
驚くのは、ほとんどの選手が125mm3輪の中、110mm4輪で前に出たっていうこと。
125mm3輪の神話が広がる中、1石を投じるレースになったことには間違いありません。


女子マラソンレース 成績

13位 吉野 1,09'23"656 日本新 (ジュニア 3位)
32位 後藤 1,09'25"115 日本新 (ジュニア15位)
44位 安高 1,09'27"705 日本新 (ジュニア22位)
74位 雑賀 1,19'15"061      (ジュニア41位)

1位 LIU Yi Hsuan Chinese Taipei 1, 09'21"945


因みに13位の吉野選手はジュニアでは3位の成績!素晴らしいアタックだったと思います。
しかも日本新記録!平均速度38km/hロードバイク並みの速度!!速いですね!!

男子マラソン
男子も負けじに素晴らしいレースでした!!
やはり強豪国がチームごとにパックを形成し、レースが展開していました。
レース中盤、川畑選手と加藤選手が飛び出し一気にトップへ!!
14322435_849845771783020_956572776046263666_n[2].jpg

14333005_849845851783012_4456925604646768419_n[1].jpg
ある程度距離が開いたところで、川畑選手が下がりトップ選手の集団を抑え、後ろから来る日本選手を待ちます。
小山選手、座間選手、川端選手が交代で集団の頭を抑え、逃げる加藤選手をサポート。
日本選手が素晴らしいチームプレイを展開し、しばらくレースを作りました。
しかし、世界は強い!徐々にペースが上がり、抑えきれなくなった頃に加藤選手に追いつきます。
集団前方でレースを展開た座間選手が、粘りの滑りをして、何度も先頭に立ちます。
14370263_849845958449668_3554168570377394358_n[1].jpg
ラストラップ、徐々に上がるペース!駆け引きも激しくなりながらも好位置をキープ。
世界でもっとも激しいゴールスプリントがスタート!超ド迫力の滑りで一気にゴールになだれ込みました。

男子マラソン成績

18位 座間 1,00'38"512 日本新
49位 加藤 1,00'41"063 日本新
59位 小山 1,00'46"478 日本新
68位 川畑 1,01'09"788 日本新
76位 新山 1,06'02"750
77位 是津 1,06'04"212

1位 ARALDI juan Cruz Argentina 1,00'37 "216

18位に入った座間選手はジュニア1位 アジア人3位と素晴らし成績を収めました。
しかし1時間ジャスト・・・・平均42km/hってこと!
タイムも4人が日本新記録!世界を相手に素晴らしい滑りを見せた日本代表!
live映像を見ているASATも熱くなってしまいました。

女子も男子もジュニアの表彰がほしい所ですが、残念ながらマラソンはカテゴリーが男女なので・・・あくまでもジュニア順位は参考です。

世界戦も競技は全て終了しました。
選手の皆さん、サポートの皆さん、本当にお疲れ様でした。
今回の大会で、多くの経験をしたと思います。
この経験を次回に、そして次世代に繋げ、強い日本を作ってください。

世界選手権の動画はリンク・ロード・マラソンこちらで再放送しています。
http://www.njrollersports.org/jspview/zb/zb1.jsp
放送されている期間がありそうですので、お早めにチェックしてくださいね。

後は閉会式ですね!
思いっきり楽しんできてください。
帰国するのを、お待ちしています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。